思い出に残る?最高の結婚式に必要なものとは?

入口に飾るグッズを用意する

少人数で行うアットホームな結婚式は、細部まで自由にこだわりを持って作ることができるのが魅力ですよね。式場をゲストハウスにするのが流行っていますが、まるで自分たちの自宅に親せきや知人を招いたかのような、ホームパーティー感覚で思い出に残る時間を過ごすことができます。ゲストハウスなら特に飾り付けも自由です。式場の入り口は、結婚式に招待されたゲストが最初に目にする場所ですよね。人の思い出に残る結婚式にしたいなら、入り口に設置するウエルカムボードにこだわってみてはどうでしょうか。簡単に作れる手作りキットも販売されていますし、厳密なルールも特にないので、自分たちの個性や趣味を思いっ切り反映させることができます。

ブーケに工夫をしてみる

結婚式の時に花嫁が持っているブーケ。ブーケトスやブーケプルズにも使うので、結婚式の演出に欠かせない重要アイテムでもあります。ブーケの見た目も、ドレス映えするティアドロップ型のブーケや、小さな花で簡素な花束を作った素朴な物など多様化していますよね。見た目で選んでもいいですし、ブーケトスをする時に安全かどうかなどの観点から選んでもいいでしょう。でも、セレモニーの要素が強い披露宴よりも、アットホームな結婚式の方が制約がないので、個性的なアイテムを持つ選択肢もあります。ロマンチックで乙女心をくすぐるブライダルステッキや、先端に花が飾られているフラワーステッキをブーケの代わりに持つのもおしゃれですよね。

少人数のウェディングにすることで、参列者に気を使うことなく自分たちらしい結婚式ができます。アットーホームな雰囲気が人気です。